←HOME TASMANIA 2007  CLOSE→
予定・手配08日09日10日11日12日13日14日15日16日Photo&Link


撮影地:ポート・アーサー
1月10日
ホバート市内・郊外観光

ポート・アーサー

サマランカ プレイス

タスマニア博物館・美術館

王立タスマニア植物園

ウエリントン山


 日の出・・・失敗(>_<)
お年寄りは朝早くに目が覚めてしまいます。(笑)

で、外を見ると朝焼けが綺麗になりかけてました。
取りあえず1枚撮影!
太陽が出て来たらまた撮影・・・って思いベットへ!
したら、二度寝してしまい気づいたらすっかり明るくなってましたー!(>_<)

ちなみに←は5:15撮影。(^^ゞ
で、仕方ないので朝食へ〜♪

昨夜と同じ「The Cove Restaurant」

品数は少なかったなぁ・・・(^^ゞ
朝なので量はこれで充分ですね。

ただ、生野菜が欲しかったのですが、無かった。(T_T)

旅行に行くと生野菜不足になるので、何時もは朝しっかりと野菜を食べるのですが、叶わず!(>_<)
ページのTOPへ↑

 ポート・アーサー
さてさて、やっと観光が出来ます。
まず最初は「ポート・アーサー」って所へ!ホバートからバスで約1時間半の所にあります。
そうそう、関空で新しい予定表をいただき観光地等が結構変更になりました。

私も含め「ポート・アーサー」って何?ですよね?(^^ゞ
ポート・アーサー流刑跡地
ホバートから南東へ100qほどの所にあるのが、監獄の町として有名なポート・アーサー。
1830年から77年まで「監獄のなかの監獄」として、ほかの植民地に送られた罪人が新たな罪を犯すと入れられた所。
そのため拷問や理不尽な重労働など日常茶飯事のできごとだった。
タスマニアン・アボリジニを絶滅させかけたことに次ぐタスマニア史の恥部を、当局が懸命に隠そうとした所。

だそうです。
監獄や官舎、囚人が建てた教会等を見てきました。
当時の事は置いといて・・・
お庭にはお花がいっぱいあったり、カモメや水鳥がのんびりしてたり、何よりお天気が良いので最高!でした。
ポート・アーサーのパンフレット ポート・アーサー内の地図

ポート・アーサーから帰る途中、「タスマンアーチ」という景勝地によりました。

自然の造形物、凄いですね。

ページのTOPへ↑

 お昼もステーキ!
ポート・アーサーまで行くと、やっぱり時間がかかります。
ホバート市内、「サマランカ プレイス」へ戻りまずは昼食。
「BALL&CHAIN GRILL」って所で昼食

昨夜食べたばかりだけど・・・
お昼からステーキ!!だそうです。
←ワイングラスなんですが「BALL&CHAIN」、見えます?

絵を見ればわかると思うのですが、足かせの事だったのですね。
即、ポート・アーサーの事を思い出してしまいました。
店内の様子 その1
店内の様子 その2

暗かったので2階に上がる階段の手摺りにカメラを固定して撮った為、写真が斜めになっちゃってます。

これはこれで、また良い感じ?(^^ゞ
ここでも前菜?サラダはブッフェスタイルでした。

朝摂れなかったかった野菜類、一皿分完食!(笑)
お肉を焼いてる所が見れたので、パチリ!

ウマそう〜♪
で、出来上がりです〜。

このお肉も結構デカイです。

もちろん完食!(^_^)v

でも、お腹はち切れそう〜(>_<)
デザートはアイスクリームでした。

お腹いっぱいだけど、入っちゃうんだよなぁ。

お肉もアイスも美味しかった♪
ページのTOPへ↑

 サマランカ プレイス
捕鯨全盛時代の1835年頃に建てられた、港沿いの倉庫群。
砂岩作りで、現在はギャラリーやブティック、美術工芸品等のお店として使われています。
毎週土曜日には青空市が開かれ、野菜・果物・民芸品や骨董品等々が並び、とても賑わう。


だけど、今日は水曜日なので、青空市は無しです。
昼食後、いろいろなお店を覗いてきました。
お土産屋さんもあったのですが、取りあえず視察ですね。(笑)
ページのTOPへ↑

 タスマニア博物館・美術館
タスマニアンアボリジニについて知ろう〜♪ って事で昼食後博物館へ!

博物館の説明ね。(^^ゞ
白人入植以前からこの島に住み、白人によってほとんど根絶されたタスマニアンアボリジニに関する貴重な資料が展示されてます。
そしてもう一つ必見なのが「タスマニアンタイガー」 白人入植者のタイガー狩りにより20世紀に入る頃にはほとんど見られなくなり、1961年に暗がりの中で目撃されたのが最後のものらしい。
今は根絶したものとみられ、幻の動物とされています。
博物館の入り口〜♪

さすがに博物館、中の撮影は禁止でした。
タスマニアンタイガーは骨の標本があり、捕獲され檻に入った物の映像が流されてました。
でも、ちょこっとだけ撮っちゃった。
ゴメンナサイ!m(_ _)m

タスマニアから南極(陸地)まで4000q
南極点まで8000qだそうです。

おも〜えば遠〜くへ来た〜もんだ〜♪
って歌がありましたっけ?(大笑)
で、こんな物があったので!(^^ゞ
南極と各地の大きさ比較板っす。
日本が描かれている板がクルクル回り、いろいろな国と南極との大きさを確認出来ます。
南極って結構大きいのですね。


その他絵画等美術品の展示物もありました。
博物館から出て街路樹を見ると、ユーカリの花が咲いてました。(^_^)v

そーいえば、ここらの街路樹ってユーカリばかり!
博物館前の風景

とても綺麗で趣のある街でした。
ページのTOPへ↑

 王立タスマニア植物園
ちょっと楽しみにしていた植物園!
1818年オープン、タスマニアをはじめオーストラリア内外の植物が観賞出来ます。
日本庭園なんかもありましたー♪
↓取りあえず、小さい画像でちょっとだけお楽しみくださいませ。

ヘリクリサムの一種かな?

わからない(>_<)

カンナ

レザーウッド

バンクシャ

わからない(T_T)

ベコニア

ホクシャ

わからない(*_*)
この植物園って結構広いのです。
現地の方々が沢山くつろぎに来てました。
かわいこちゃん×3っす。 俗にいう盗撮?・・・じゃ無いよ!!(^^ゞ
ページのTOPへ↑

 ウエリントン山
一番最初の予定ではウエリントン山に行く事になってました。
けど、ポート・アーサーが追加になったので、ホバート中心部近くにある小高い山「ネルソン山」に変更!
でも、現地ガイドさんとドライバーさんが「折角ここまで来たのだから良い所を見てもらいたい!帰ってきてすぐ夕食になってしまうけどウエリントン山に行きましょう!」とのりのり♪v(^o^)v
標高1271m、ホバートを一望出来るウエリントン山へ!
ただちょっと残念だったのが、↑画像からもわかる通り雲が多くなっちゃいました。(>_<)
綺麗に晴れていれば、メチャ綺麗に見えたのになぁ・・・。
後でわかった事なのですが、この雲実は山火事の煙?だったそうです。
しかも、本土(メルボルンらしい)の煙が風により流されてきたって!(@@)!

↓左はツアーの面々ですよん。(^^ゞ
ページのTOPへ↑

 夕食とちょっとお散歩
ホテルに戻り、20分ほど休憩をとり、夕食です。

今日はシーフード
ホテル前の港のレストラン「Mures Upperdeck」へ
何となく可愛いでしょ!?

お塩が入ってました。(^_^)v
で、お料理

スープ・・・何のスープだっけ??
忘れちゃった。(^^ゞ
メインのシーフードです。

生牡蠣・茹でエビ?・茹でホタテ・ホタテフライ・イカフライ・スモークサーモン・焼き魚
どれもウマウマ〜♪
でも、ちょっと残念だったのが焼き魚!ちょっとだけ生焼けでした。(>_<)
デザートのアイスです♪

棒状の物は、ねじったパイ?にお砂糖をまぶしてる感じかな。

見た目は少ないかもですが、お腹いっぱいになりましたー!
夕食が終わっても、まだ明るいんですよね〜。
外は気持ち良いし、今日もまた少し散歩をしてからホテルに戻りました。
左:これもシーフードレストランなのですが、船の上に建ててます。
中・右:もう少し水面の波が無ければ、綺麗に写しこめたかもー(^^ゞ
ページのTOPへ↑

 夜景
お部屋に戻り、明日の準備をしてっと!

ちょっと夜景を撮ってみました。(^_^)v
星も見えていたので撮ってみたのですが、地表が明るくてイマイチでした・・・(>_<)


明日はロンセストンに移動です。
でもその前に今朝のリベンジ、明朝は絶対に日の出を撮るぞーー!P(^_^ ) ガンバッ♪
では、おやすみ〜♪(-_-)゜zzz…
ページのTOPへ↑

          
予定・手配08日09日10日11日12日13日14日15日16日Photo&Link