←HOME PALAU 2006 CLOSE→
計画・手配14日15日16日17日18日19日アルバム他

7月16日(日)
ジェリーフィッシュレイクとは?
ゼロ戦
ミルキーウェイ

ジェリーフィッシュレイク
無人島に上陸
スノーケル
ホテルへ
ディナー

ジェリーフィッシュレイクツアー
 ジェリーフィッシュレイクとは? 
ジェリーフィッシュ=クラゲ、そうここはクラゲがウジャウジャいる湖なのです。
かつては海だった所が大昔、地殻変動により四方を島(ロックアイランド)に囲まれてしまった湖だそうです。
水面下の何処かで外海とつながって箇所があるため、隔絶されながら海水と淡水が混ざって汽水湖となっています。
外敵がいないため毒が退化してしまったそうです。
世界中探しても数カ所しか存在しない特異な場所だけに、パラオに行ったら是非訪れてみたい所でした。

毒が無いため、この湖ではスノーケルで見に行けます。
楽しみだ〜♪
このページのTOPへ↑

 ゼロ戦! 
ココナッツレストランで朝食を済ませ、ロビー集合!
今日もPPRの桟橋からボートで出発です。

昨日のダイビングボートとは違い、ちゃんと席が付いてます。(^^ゞ
20人乗りで、結構スピードが出るのですよ〜!
島々の間を縫って進んで行きます。
途中港により、船のガソリンスタンドで給油
今日は少し波があるようなので、念のため予備燃料を確保しました。

波のあるなしによって、燃費も着く時間も全然違ってくるのですよね。
で、ジェリーフィッシュレイクに向けて、再び出発。
途中何ヶ所かポイントを巡りました。
岩に刻まれた象形文字?の見学
その昔は海面が文字の所まであったそうです。
ゼロ戦(Zero Fighter)

ここパラオは太平洋戦争時代、激戦地でした。半世紀以上を経て、今なお多数の戦跡が海中や島に残っています。
他にも多数のゼロ戦があるそうですが、これはほぼ原形をとどめています。
こうして実際に本物、しかも博物館とかではなく目の当たりにすると歴史の重みを感じてしまいますね・・・




余談
実はこのゼロ戦見学は船上から見るだけの予定でした。
陸上用(笑)のカメラマンはプロが同行していたのですが、水中は私だけ。
会長の一言で、急きょ撮影!(^^ゞ
速攻で準備して、飛び込んで・・・
写真を撮り、ビデオを回してきましたー!
このページのTOPへ↑

 ミルキーウェイ 
ここはロック・アイランドの中にあるマリンレイクの一種で、海底に沈殿する石灰質の泥がこの不思議な色を演出してます。
海の色が綺麗ですよね♪
ガイドさんが飛び込んで底から泥を取ってきてくれました。(水深3m位)
これをコネコネして、泥パックにします。
→海の色は綺麗だけど、透明度はほとんどありませんよ〜
で、みんなで泥の塗りあい!(^^ゞ
完成しましたー!(笑)→→
みんな真っ白ですよん。(^_^)v

この泥は「パラオホワイトレイク」として各種化粧品が商品化されているそうです。でも、結構お高いとか?
塗った後はお肌ツルッツルでしたー

このページのTOPへ↑

 ジェリーフィッシュレイク
ジェリーフィッシュレイクへ到着。いろいろ途中で遊んでいると近いですね。
ホテルから直接来ると40分位かかるそうです。

着いたと言っても湖にでは無く、ロック・アイランドに湖は囲まれているのでその外側!
ここからロック・アイランドの岩場を約15分かけて上り下り
10F建てのビルを越えて行く感じかなぁ?
これ!結構きつかったですよ。
日頃の運動不足を痛感しました。

話しが先になっちゃうけど、ホテルに帰った夜には足がパンパンに張ってましよぅ。(>_<)・・・情けない。凹凹
山を下ると、湖の桟橋があります。
ここからスノーケルのスタート!
クラゲは湖の真ん中あたりにいっぱいいます。
スノーケルで進んで行くと、段々クラゲの数が増えていきます。
もぅそれはそれはスッゴイ数!!
ホント数えきれないって位凄かったです
ここでのクラゲ写真、行く前から撮りたい構図を頭の中で考えてました。
→の様な感じで、山があって空にクラゲが飛んでる様に撮りたかったのですが・・・
ホテルに帰って確認してみると無い!(ガックリ・・・)
←の写真が一番マシだったかなぁ。(>_<)

写真はちょっとガッカリだったけど、楽しかったー!
クラゲと一緒に泳ぐ=気持ち悪い!って思うかもしれないけど、ホント楽しいですよ〜♪
こういう経験の出来る所も少ないし、パラオに訪れたら是非是非!お薦めです〜。
で、ジェリーフィッシュその他の写真は→Palau Jerryfish Lake Tを見てね♪
Tがあるってことは、Uがあります。お楽しみに〜。(^^ゞ
このページのTOPへ↑

 無人島に上陸 
運動をするとお腹が空きますね。(^^ゞ
ジェリーフィッシュレイクから無人島に移動してBBQだそうですよん。わーい♪

到着した島はガムリス島
(Ngemelis Island)
この島はパラオの大酋長?の持ち物で、許可無しでは上陸出来ません。
今回は特別に許可を貰い、訪れる事が出来ました。(^_^)v

ちょこっとですが島内の様子をお楽しみ下さい。↓
すこ〜しですが晴れ間も出てきて、我々以外は誰もいない。
気持ちよかったー!
で、BBQの様子
左の色白が今回お世話になった「インパックツアー」の社長、右はガイドの「ヤマキ」さんです。
お二人が全て焼いて運んで、ってしてくれるので、私たちは食べるだけ!
お殿様気分でした。(^^ゞ

内容は、ウインナー・チキン・ビーフ・白身魚のホイル焼き・・・etc
それと、お弁当箱に入った、ライス・サラダ+お味噌汁だったかな?
お腹が空いていたしで、す〜〜かりお料理写真の撮影を忘れてしまった。
メチャうまでしたー!v(^_^)v

ここパラオのお米って日本のお米に似ているんです。
パサパサじゃないし、何の抵抗もなく食べられましたよん。
もちろん昨日のダイビングの時のお弁当もね!

BBQ後は暫く島での〜〜んびり、木陰で談笑したり写真を撮ったり・・・
パラオでの風景等をまとめましたのでアルバム→Palau Islandでお楽しみ下さいませ!
このページのTOPへ↑

 スノーケル 
いつまでも島にいるわけにはいかないので、ロック・アイランドを見ながら帰路につきます。
でも、帰る途中でスノーケリング♪ 
「パラダイス」ってポイントだったかな?
ちっちゃいのから中ぐらいまでのいろんなお魚がいて、楽しぃ〜〜♪

全期間を通してのスノーケル写真→palau Snorkelingを見てね♪
このページのTOPへ↑

 ホテルへ 
1日たっぷり楽しんだので、ホテルに帰りましょう〜。

でも、まだまだ見どころがありました。
ここは「ナチュラルアーチ」
海水や貝の浸食によって出来たそうです。
みんな揃って記念撮影〜♪
今日の最後に戦跡を訪れました。
この洞窟みたいな所は船の給油所で、ドラム缶がいっぱい!空爆により大爆発したそうで、手前の海底にはドラム缶が何本も沈んでいるそうです。
大砲がそのまま残ってます。
当時の事を考えると・・・
ホテルのビーチが見えてきました。
今日は盛り沢山の日でしたね。
楽しかった〜(^o^)v

このページのTOPへ↑

 ディナー 
ホテルに帰り、夕食は何にしよー(今日の夕食はツアー代に含まれていません)
みんなで相談した結果、ココナッツレストランのディナーバッフェに決定!(^^ゞ
今日はJapanese Nightって事で、日本食のバッフェだそうです。
それまでの時間(ちょっとしか無かったけど^^;)、それぞれお部屋で休憩!

←マグロのお刺身・お寿司・天ぷら・お好み焼き・サラダ・茶碗蒸し
ココナッツなんちゃら→
ノンアルコールカクテルです^^;

「カクテルシュリンプ」って言うのかな?
フルーツの上にエビがのってました。
焼き鳥。唐揚げ・角煮・焼き鮭?→
←で、またまた(^^ゞ
お寿司に天ぷら〜♪
デザート→
アイスクリームね

お寿司はご飯が大きかったのが残念!もっと食べたかったけど、これが精一杯。
天ぷらはその場で揚げているので、アツアツでメチャ旨でしたよん。(^_^)v
その他のお料理も美味しかった〜♪

で、お食事をしていたらチビッコ達が
(#^.^#)
現地の踊りか?だけど、可愛らしかったです〜♪
途中衣装替えの間、お姉さんの踊りがあったのですが・・・

←1番左の子が可愛かった〜(^^ゞ

バッチリこっちを向いてくれたのだけど
ちょっとピンボケ!惜しかったなぁ(>_<)
最後は、踊り子さんたちがお客さんを引き連れ、みんなでダンス!
我がグループからも一人選出(笑)され、一緒に踊りましたよん。

なかなか楽しいショーでした。

ディナー後は、昨夜私は行かなかった○○バーで2次会。(^^ゞ
行ってみると、高級洋酒がずら〜り、おつまみ大量!
聞くと、この部屋のお二人のスーツケースの中身は、半分が”これ”だったそうです。(笑)

みんなで今日の事や明日のこと、その他くだらない話しで大盛上がり!
私も久しぶりにお酒を少し・・・(^^ゞ とっても楽しかった〜♪

このページのTOPへ↑

     
計画・手配14日15日16日17日18日19日アルバム他