←HOME 中国・雲南省の旅 2006 CLOSE→
予定表と準備7日8日9日10日11日12日13日おまけ



1月12日 (石林)
大理→昆明

 大理→昆明
今朝はちょっと早起きですよぅ。(>_<)
モーニングコール・5:30、朝食・6:20〜、ホテル出発・7:00でした。

←大里空港
ホテル→空港は30分位
この空港は11年前に出来たとか?まだ新しくて綺麗でしたね。
カウンター上に観光案内→
じ海って何処が耳に
似ているのかなぁ?
中国東方航空(MU5928)、8:45発
今日のお席は21Cでした。
通路側じゃ写真が撮れない。(T_T)
で、あっという間に昆明到着!
飛行時間は約30分。
このバス、格好いい!(^o^)v→
←酸角汁!?
飛行機の中で出た飲み物です。
絵からピーナッツぽい物かと思ったら、フルーツ類になるそうです。
字のごとくちょっと酸味があるけど、甘かったぁ。
自宅まで持ち帰りました。(^^ゞ
まだ、9:41ですぅ。(>_<)→

中国国内線での出来事・・・ここまできて思ったのですが。
着陸してまだ滑走路にいるのに、まわりから「カチャカチャ」って音が聞こえてくるのです。
シートベルトを外している音なのよね〜。
誘導路で一時停止しようものなら、みんな立ち上がって荷物を出そうとするし・・・。
(これはさすがにCAさんが制止しましたけど)
そんなに急いで何処へ行く??・・・ですよね。

今日の飛行機は沖止め(中国でもこう言うのかなぁ?)で、ゲートには着けません。
挙げ句の果てには、飛行機が停止しベルトサインが消えると、前方から荷物を抱えたおばさま(中国人)が人を掻き分け、押しのけ(笑)機体最後尾へ突進してきましたよぅ。
乗るときには前後にタラップがあったけど、ここ昆明では前方だけでした。
このおばさま、また前方に行こうとしたけど、我々が怪訝そうな顔をしたものだから、さすがに行くことは出来ず。
下を向いてバツ悪そうな顔してましたぁ。(笑)

 石林 
空港でバスに乗り換えそのまま石林に向かいました。
おおよそ1時間ちょいだったかな?高速道路が出来ているので、昆明からは便利になったそうです。
高速が無かった頃は片道3時間ほどかかったとか?

石林は昆明の南東約82キロほどの石林イ族自治県にあります。
“雲南石林、天造奇観”といわれ、総面積は400kuだそうです。
が、想像がつきませんよね。東京ドーム何個分って言ってもらった方がわかりやすいけどなぁ。(^^ゞ
石林は2億7000万年の時をかけて海底が隆起、浸食、風化されて現在の形となりました。

ちょっとガラスの反射で見づらいけど・・・。
日本には無い標識ですよね?
トラクター禁止!馬車禁止!(笑)
←一番有名な場所なのですが、しっかり逆光!
(>_<)
いつ落ちてきてもおかしく無いですよね?→
その他お楽しみ下さいませ。

←・↓・→
やはり比較対象が無いと大きさがわかりませんよね。
人物を入れて撮ってみました。
(拡大したら確認出来ますよん^^)
σ(・_・)、写ってますぅ。(笑)→
大きさ、わかりますかぁ?
イ族の民族衣装だったかなぁ。
帽子の角に注目!立っているのは未婚。
この角には触ってはいけませんです。
もし触ると着いてきちゃうそうですよん。(笑)
刺繍を一生懸命やってました。→
凄く細かく、そして色鮮やかで綺麗でしたね。
今日一日同行したカメラマンの彼女、重たい器材をものともせず黙々と撮影してました。
商売になったかな?

 お昼ご飯〜昆明へ 
お昼は石林横のレストランでいただきました。
←で、出てきたのが「アヒルの丸焼き!」だそうです。
塩山椒を付けて食べますよん。(ウマウマ〜^^)
でも、食べた部分が悪かったのかな?骨がいっぱいあった。(>_<)

写真にはありませんが・・・ここで驚いたのが「卵スープ!」
わ〜い!って思って飲んだら、メチャ甘でした。(>_<)
ここでは甘い卵スープが出るそうです。
次に行くのが「龍門」なのですが、位置関係が石林→昆明→龍門なので、一度昆明に戻ります。

←カメラマンさん、お疲れかな?寝ちゃいましたよぅ。(笑)
昆明市内に戻り、休憩をかねてお土産屋さんへ。
ヒスイも有名らしいのですが、値切るとメチャ安くなったみたいです。
でも、安くなりすぎちゃって「怖くて買えない」って言ってましたね〜。
例:16万円のヒスイが4万円になっちゃったとか。

私は何も買いたいものが無かったので、街ウォッチング!(笑)
←三輪バイク?
タクシーだそうです。
天秤棒を担いだおばちゃん→
他にもいっぱいいましたよん。
←三輪自転車
これでもかっ!って荷物を積んでいましたぁ。
バスの中からですが→
見ての通り、マクドナルド!
お値段ってどうなのかなぁ?
結構気になるガソリンの値段
一升=1.8Lと思ったら1Lだそう
1L/60円〜70円位かな?

 龍門と華亭寺(西山森林公園) 
昆明市の西に位置し、昆明湖に沿うように華亭山、太華山、羅漢山などの山々が南北140kuに渡って連なっており昆明湖の面積全体が森林公園となっていて、その姿は絵のように美しく「睡美人」と例えられています。
絶壁の上には1781年から1853年の間72年間もかかって造りあげられた有名な「龍門石窟」があります。

龍門石窟
 断崖を掘削して造られた道教石窟。
入口の石門には龍門の文字が大書されており、精巧な彫りこみと色鮮やかな着色が特徴です。
“登龍門”の語源である龍門は、門の一部を触ると科挙に合格するとか、出世すると言われています。
また半円形の展望台からは昆明湖を一望することができ、眼下に広がる昆明湖の眺めは絶景です。
この様に断崖絶壁に作られています。(@_@)
昆明湖や昆明市内がよく見えて素晴らしい〜!
でも、この龍門まではおおよそ360段の階段を登ります。昆明の標高が1900m位?やっぱり空気が薄いので、心臓バクバクでした。(>_<)
こんな感じの階段を登っていきます。→
上りより下りの方が怖かったですよぅ。
←登る途中、桜が少し咲いてました。もうお終いですね。
断崖のちょっとした隙間に
咲いてました。→
桜草かな?でも、下を見ると(>_<)
ここでも将棋みたいのをやってました。
こうやって遊んでいる?のは男性ばかりですね〜(^^ゞ

華亭寺

雲南省で最大規模を誇り900年以上の歴史があります。
何度も再建を繰り返し、現存する物は1923年虚雲大和尚が再建したもの。
寺院内には200あまりの建築物があります。
寺院内に鐘楼、天王宝殿、大雄宝殿及び数個の花園がある。ここの仏像と五百羅漢に特色があり、歴代の対聯、扁額は意味深長である。山門は雄大な三層の中式楼閣、反り返った軒先で、力強くそびえている古木と肩を並べる。また、園内には椿、いぬまき等珍しい植物を植えている。
←華亭寺の山門
こま犬ならぬ、こま象がいました。
(笑)→
←やっぱり仁王様って言うのかなぁ?迫力ありました。
園内に咲いていた
白連の花→

 夕食とお買い物 
これで全ての観光が終わっちゃいました。(T_T)
今日のホテルは初日に泊まった「昆明海逸酒店(HARBOUR PLAZA KUNMING)」です。

ホテルに戻り、チョイ休憩で夕食。
旅行社のはからい?だか中華料理が続いたので、今日は日本食に変更になりました。
刺身(サーモン・タコ・イカ)、天ぷら(野菜のみ)、何故かステーキ、ご飯、香の物、みそ汁がでてきました。
懐かしい(笑)日本食で、す〜〜かり写真を取り忘れましたぁ。(^^ゞ
さて、私も含め皆さん、お土産に困りました。
で、夕食後何名かで近くにあるデパートに買い出しです!
子供のお土産発見!→
レゴがあれば申し分なし!(^_^)v
お値段は日本とほとんど変わらず。
デパートでの買い出し後、少し町中をフラフラしてたら、ケンタがありました〜。
お値段は確認出来ず・・・。
でで、デパ地下の食料品売り場でゲットした物です。
カップラーメン・1.9元×7
左下の青い袋(高麗人参?)・1元×10
右の袋(中国菓子詰め合わし)・10元×1
しめて33.3元=約500円でしたぁ。
安っ!!(@_@)

さぁ〜てと、最後の荷造りをしなきゃ!ですね。入るかしらぁ〜(^^ゞ

明日の昆明発(8:20)の飛行機が変更になり、10:00発になりました〜(^o^)v
ちょっとだけゆっくり寝てられるかなぁ・・・

     

予定表と準備7日8日9日10日11日12日13日おまけ