←HOME 中国・雲南省の旅 2006 CLOSE→
予定表と準備7日8日9日10日11日12日13日おまけ



1月11日 (三塔寺)
大理一日観光

 ホテルの窓から
部屋から見えた朝の風景。山に朝日が当たって綺麗でした。 写真4枚の合成!(^^ゞ
今日は1日、ゆっくりと大理で観光です。 朝寝坊もしなかったし、朝食もちゃんといただきました〜。(^^ゞ
早速観光に出発です。

 じ海(じかい)遊覧 
じ海の”じ”って日本には無い漢字なのですよね。(>_<)
ちなみに「さんずいに耳」って書きます。(^^ゞ

ちょっと湖の説明ね。
湖は南北41kmあり、面積246平方キロ、雲南省で二番目に大きい淡水湖だそうです。
湖水が澄んでいて、透明度が高い。
湖の形が人の耳に似ていて、風浪が大きく海のようであることから、この名が付いようです。
でも、琵琶湖よりか小さいそうです。大陸なのにちょっと意外でしたよぅ。

まずはじ海で遊覧船に乗りました。(1時間)
人数の関係で2隻に分乗です。
こういった場合↓の様に被写体が出来るので、ちょっと嬉しい。(^_^)v

遊覧!?って言ってもこの船全然スピード出さない!
ほとんど歩いているようなスピードだったでしょうか?
何だか漂流している雰囲気でしたよぅ。(^^ゞ
←皆さん何をお話してるのかなぁ
うまい具合に湖水の反射に
船が入ってくれました。→
←天気も良くて、思ったほど寒くない!(^o^)v
山も綺麗〜。
港にあったお店で見つけた串焼き
何なのでしょう?→

 喜洲とバザール 
喜洲はじ海の畔にある白族の村です。
約千年前、ここは南詔国の重要な軍事拠点だでした。
その後も雲南商業貿易の中心地の1つとして栄え、優秀な人材を多く輩出しそうです。
ここは古い白族の街並みが残っていて、100年にタイムスリップしたような感じがし、「厳家大院」など、明・清・民国時代の民家が88軒、当時の姿のまま建っています。

喜洲の村の中を散策しながら、バザールへ向かいます。
←屋根の上にサボテンが!
塀の上の飾り?→
なかなか凝ってますね。
←この様な商店?の間を抜けて行きます。
煉瓦を積み上げただけの塀→
これも”有り”ですね。(^^ゞ
バザール(青空市)に到着!
色んな物が売ってました。
←お茶!いっぱい!
三輪オートバイ?→
ちょっと影になってしまいましたが
手前の袋に入っている白とピンクの物、雛あられの様な物でした。

この様なカゴを背負った人が多かったですね。→
←・↓、辛い物シリーズ!(^^ゞ
←カビ豆腐
カビカビでした〜!(*_*)
美味しいの??
ニワトリのひなたぼっこ→
決して死んでませんよぅ。
←カゴに入ったおこちゃま。
可愛かったなぁ。
メンコ、やってました。→
懐かしい〜(^o^)v

 白族民居(民族舞踊鑑賞) 
バザールを一通り見学後、やはり喜洲にある白族民族舞踊の見学です。
白族の年代ごとの民族衣装って説明があった様な・・・(^^ゞ
色々な踊りの合間に、お茶を出してくれました。
ウーロン茶や生姜の効いた甘いお茶などなど。
おいしいお茶もあれば、これはちょっと・・・ってお茶も!(^^ゞ
舞踊観賞後バスに乗り込む前に可愛らしい女の子が通りかかりました。
写真を撮ろうとカメラを向けたら、逃げちゃったぁ。(笑)

 お昼ご飯 
で、お昼になっちゃいました。
今日のお料理は昨夜と似た感じかなぁ。
そろそろ中華料理も飽きてきた・・・って感じていたのですが、いざ料理が目の前に来ると手が出ちゃう。(^^ゞ
その場所によって出る料理がちょっとずつ違うし、味も千差万別。
何処でも美味しくいただいちゃいました。
ちょっとお腹まわりが気になりましたがぁ〜(爆)

 絞り染め工場 
昼食後まず訪れたのが、藍染め工場。
沢山の製品が飾ってありましたよん。(^_^)v
ここで、皆さんお買い物〜!
えっ!・・・私? 買いませんでしたぁ。(^^ゞ
でも、この絞り方には感服しました。
一つずつ丁寧に糸で絞っていきます。
もちろん手作業!(@_@)
これを見てしまうと。お値段も納得!かな?
←彼女、我々がいても脇目もふらず作業をしていました。
ちょっと顔をあげて欲しかったけどなぁ・・・(*^。^*)
おばあさん、良い雰囲気をだしてるでしょ!→
さすが年の功かな?撮影に快く応じてくれました。
ちょっと話しは違いますが・・・。
←ここ、染め物工場です。
普通の民家で営業!
おっきな家でしょ!
近くに工事中の家もありました。→
もちろん普通の民家!
ここらの人達ってお金持ち?

 三塔寺 
次に向かったのが、大理のシンボル「三塔寺」
←ここから入って行きます。
入口の反対を見ると広々〜!→
中国の広さを実感しました。
三塔寺の入場券、表と裏
このまま郵送できるのかなぁ。
←門をくぐると、どど〜んと真正面に塔3つが見えます。
近寄るとこんな感じ。(^^ゞ→
中央の塔は69m・両サイドは42mあります。
←ちょっと見る位置を変えてっと!
お寺の裏手にあったカエル石→
←お寺の裏手に廻ると池があります。
ここに塔が映し出されると六塔寺
でも風が吹くと水面が波立っちゃって・・・(>_<)→
←本当は池全面を入れてもう一枚って粘ったのですが、風止まず。
時間切れでした。(T_T)
お花好きなσ(・_・)
ちょっと撮ってみました。
ノウゼンカズラ・・・だと思う。→

 大理石工場 
ここ大理は大理石の産地です。なので、大理って名になったそうです。
ちょっと寄り道で、大理石工場に行ってみました。
←所狭しと大理石が置いてありました。
壺の研磨中→
ここもご多分に漏れず、お土産屋さんがありました。
凄く大きい物からちっちゃな物まで、いっぱいありましたよん。
でもぉ〜、買いませんです。
重たいしねぇ。(^^ゞ


 大理古城 
大理古城は600年ぐらい歴史を持つそうです。
周りが6qほどあり、高さ7.5m、厚さ6mの四座の城門が東西南北にあります。
古城は城門と城壁に囲まれ、城内の石畳みの路地には瓦屋根と白壁が特徴で、四合院造りの白族の家が軒を連ねています。

←南の城門から古城内へ
門の前で民像衣装を着たお嬢様達と写真を撮ることが出来ます。
もちろん、有料!(>_<)
屋根の上に草が・・・→
←中はこの様に商店が並んでいます。
学校帰りの中学生かな?
屋台では中学生達が買い食い
(^^ゞ→
←銀細工が盛んな所だそうです。
店先で実演!スプーンを作ってるそうです。
大理石の漢音様かなぁ?→
水をかけると綺麗な色が出ます。
↑の様に店先で一生懸命仕事をする人もいれば
←の様にお客様には目もくれず、麻雀に没頭する人々も・・・(^^ゞ

 ホテルで夕食 
今日の観光も終わりホテルに戻ってきました。
夕食はホテル内のレストラン! 移動無しなので楽々〜(^_^)v
暫しお部屋で休憩です。

←まだ明るいうちに帰ってきました。
ちょうど太陽が山に隠れた所で光が拡散されてとても綺麗でした。(^o^)v
今日の夕食会場!
ピンクの椅子と金のリボン、可愛らしかったですよぅ。
でもぉ〜、我々には似合わないかも〜(笑)
←イモムシ?・・じゃないですよぅ。
聞いたら山で採れる木の根っこらしい。
後で調べたら高麗人参だそう?
湖で捕れるお魚→
小骨がいっぱい!(>_<)
←お肉とキノコの炒め物
ウマウマ〜(^o^)v
食べかけでゴメンナサイ→
ニラと豚肉の炒め物だったかなぁ
←緑のお野菜・・・っていうの?
菜の花でした。
ほろ苦いけどウマウマ〜!
お餅に見えるのは
肉まんの皮だけ?→
手前小皿のエバミルクを
付けて頂きます。

さてと・・・明日はまた飛行機で昆明まで移動です。荷造りしなきゃ!
明日のモーニングコールは5:30!(>_<)

     

予定表と準備7日8日9日10日11日12日13日おまけ