ETCのお得な利用方法!
このページを閉じる
* ETCのお得な利用方法を私なりの解釈で解説!
* ちょっと裏技的な事もありますので、ご自身の判断、責任でご活用ください。
* 尚、私の情報により、損をした!・トラブルに巻き込まれた!等が生じても責任は負いません。

    基本的な割引活用!
* まずは、色々な割引制度を頭の中に叩き込んでおくこと!・・・これ基本です。
又はメモなどに残し、車に常備しておきましょう!(笑)
特に、時間や距離など・・・1分でも早かったり、遅かったり、距離が1mでも超えてしまうと割引されません。
* 出発時間や到着時間をうまく調整して、料金所を通過です。

    走行距離100q以下の場合!
* まず、ご自身が良く利用する高速道路の100q以内のICを覚えて置きましょう!
東京〜の場合
東名高速・・・東京〜裾野IC・93.8q
中央高速・・・高井戸〜一宮御坂・96.3q、高井戸〜河口湖・93.9q
         八王子〜韮崎・98.6q (中央高速は均一料金区間があるので、ちょっと特殊です)
関越道・・・練馬〜前橋・92.1q
上信越道・・・練馬〜富岡・98.7q
常磐道・・・三郷〜那珂・93.8q    などがありますね。
* 100q以下の場合、あまり考えなくてもよいかも・・・ですね。
料金所通過時間をうまく活用できれば、その時にあった割引が適用されます。

▲このページのTOPへ戻る

    走行距離100q以上の場合!
* さて、100q以上の所に行く時は、どうしましょう。
* ↑(100q以下)のICをよ〜く覚えておいて下さいね〜。
* まず↑の100q以内のICで一度降りましょう〜。
すぐにUターンしてまた高速に乗り直し目的地へ。

すると下記の様な料金で目的地に行くことができます。
東京(東名)→静岡(161.8q)の場合、通常4,100円です。
時間が許せば、深夜割引で2,850円!
でも、なかなかこの時間帯で走るのは難しいですよね。
では、通勤割引や早朝夜間割引が適用される時間帯を利用しましょう。

まず、裾野で一度降ります。(早朝夜間・1,400円、通勤・1,900円)
すぐに裾野から乗り、静岡まで。(通常料金・1,900円)
もう、わかりましたね。(笑)
早朝夜間割引が使えると、1,400+1,900=3,300円
通勤割引が使えると、1,900+1,900=3,800円  って事になります。

ちょっと手間と時間をかければ、ちょっとお得でソフトクリーム1個か2個分位が食べられますよね!
* 但し、長距離になればなるほどお得感は少なくなってきちゃうし、逆に高くなってしまう事もあります。

▲このページのTOPへ戻る

    長距離の場合!
* もうこれは基本的に深夜割引を利用しましょう〜。
* ↑の技?を使ってもそんなには得しませんし、逆に損をしてしまう場合もあります。

例として・・・
東京(東名)→西宮(名神)の場合、通常11,150円
深夜割引で、7,800円
↑の技を使った場合、裾野→西宮が通常9,300円なので、合計・早朝夜間で10,700円でちょっとお得!
通勤だと11,200円になり、高くなっちゃいました。

▲このページのTOPへ戻る

    ちょっと裏技!?
* ここで紹介して良いか悪いか・・・ちょっと迷ったのですが、取りあえず紹介!
尚、下記情報は私は利用したことがありません。
必ずしもOKかは??ですし、もし利用できてもルールが改正されてしまうこともあると思います。
自己責任でお願いします。m(_ _)m
* ETCカードの複数枚使用!
最近のETCカードはクレジット会社の発行する物は年会費がほとんど無料になりましたよね?
そこで、何枚かのカードを作っておきます。
深夜割引や100q以内の走行、首都高速の場合はカードが1枚あればこと足りますね。

では、どのような使い方をすれば良いか・・・。
↑の100q以上走行する場合に利用出来る様です。
そう!100q以内のICで降り、その都度カードを入れ替えて行く方法なんですよね。
もちろんそれぞれの割引の規定時間内で無ければいけませんが。

やっぱり東京→静岡を例にして、通常は4,100円!
これを裾野まで早朝夜間割引、裾野から通勤割引の時間内で使用出来ると、東京→裾野・1,400円+裾野→静岡・950円=2,350円になり、1,750円節約することが出来ます。
時間的問題があり裾野までも通勤割引になってしまった場合は、1,900円+950円=2,850円って事になります。
この場合、↓の表からもわかるとおり、東京料金所を6:00前に通過して、裾野ICの入口料金所を9:00前に通過していれば適用されそうです。

折角ここまで書いたのですから、大都市近郊区間が関係無い方の為にもう一つ。^^;
東名が飽きたので、関越で例を作ってみました。
東松山(関越)→小千谷、通常・4,850円です。
まず100q以内って事で、月夜野まで、2,550円→1,300円
月夜野→小千谷が、3,100円→1,550円・・・合計2,850円で2,000円の節約になりましたよん。!(^^)!
大都市近郊区間が含まれないため、全て通勤割引になります。
東松山入口料金上を6:00過ぎに乗って、月夜野入口料金所を9:00前に通過していればOK〜!・・・かな?

ちょ〜っと書き方があやふやですが、私の経験が無いためです。(ゴメンナサイ!)
うまく時間を利用すれば、3枚(300q)分位のカードは使えそうですね。
しか〜し、しつこいようですが自己責任でお願いします。

▲このページのTOPへ戻る

    早見表

割引名 割引率 距離規定 時間規定 備 考
深夜割引 約3割引 距離の規制無し 0:00〜4:00   
通勤割引 約5割引 100q以下 6:00〜9:00
17:00〜20:00
大都市近郊区間は割引対象外
朝夕の各割引時間帯の中で1回に限り適用
早朝夜間 約5割引 100q以下 22:00〜6:00 大都市近郊区間を含む走行で適用

▲このページのTOPへ戻る

   
Hiro2's Report http://hiro2s.com

*iphone アプリ 開発
*太陽光発電